Japanese / English

DANIEL
KOBIALKA
C D
アルバムの試聴はこちら
Messages
メッセージ
Report
レポート
Media
メディア掲載
STAFF BLOG
スタッフブログ
HEALING BEST
ヒーリングベストアルバム
for Baby
胎教に…
for YOGA
ヨガ・瞑想時のBGMに…
Celtic
ケルティックメロディー
for GriefCare
グリーフケアに…
for Good Sleep
快眠に
スタッフブログ
更新情報

ダニエル・コビアルカさんとは、もう10年以上の長いおつきあいになります。

私どもがこのたびのコンサートの協賛に入っている日本ホリスティック医学協会というものを立ち上げたのが、1987年です。全人的医療を目指す、人間の心も身体も、いのちまるごと全体にアプローチする、そういう心ある医療をしようということで、有志が集まってできた協会でございます。それが1987年にスタート致しました。

一方、アメリカには米国ホリスティック医学協会というものがございまして、1990年にはシアトルでその学会がございました。そこで、あるすばらしい人間と自然の調和のスライドショーが上映されまして、そのバックで流れていた音楽が、アメリカ人の音楽にしてはスローなテンポな、何かホッとするような音楽でした。でも、そのときは、その音楽が誰のものかわからなかった。それで、それから私はいろいろ探したんですけど、なかなかその作者や演奏者がわからなかったんですね。

それから、数年たって、またアメリカでの学会に参加したときに、「医療と精神性」について世界的に有名なラリー・ドッシー博士という方がいらっしゃいまして、その方がまた講演のスライドで、ある音楽をバックに使っていらした。それもまた印象に残ったので、調べに調べましたら、その作者(アレンジ) と演奏者の方がダニエル・コビアルカさんだとやっとわかりました。

それで、その後、たまたま彼が来日したことを知り、お会いする機会がありました。アメリカのこの分野の医療の世界の方々と近い様で遠かったり、お互い知り合ってないようでしたので、あわてて私がつないだりしてですね、米国のホリスティック医学の分野で有名な医療者とのご縁を作ったりした、という記憶がございます。

私はダニエル・コビアルカさんのお人柄もそうですけれども、彼の音楽で何に心を動かされたかといいますと、たとえば「ヒーリングのためのヒーリング」、もしくは「癒しのための癒し」というか、何か舞い上がっちゃって自分だけ陶酔してワーとなっちゃうような、そういう類のヒーリング音楽は、巷にも数多くあるんですが、彼の場合は、さすがに世界的な音楽家の武満徹さんや指揮者の小澤征爾さんとも交友があり、小澤征爾さんからは、彼にたのまれて長野の冬季オリンピックでも、バイオリン奏者として参加されている。そういうしっかりしたクラシックのベースがあるのが彼の音楽なんです。

そして、それを聞いてみますと、派手に飾ったようなものじゃなくてシンプルなんですね。何かこう、子どもの時代にかえったような「なつかしさ」があるんです。それでふと耳を傾けるとちょっと心がホッとして、思わずうれしくなるような、なつかしいようなあたたかさを感じます。

私は奇をてらった癒しというのではなくて、何かホッと自然に心に感じて、しみじみその開放感が実感できるようなものが、本当の意味での癒しとかヒーリングをもたらす音楽ではないかと思っておりますので、その点で彼の音楽に惹かれました。

シンプルなようで心にじわーっと響いてきて、なつかしいものをホッと思い出させてくれるのが彼の音楽です。

今回、日本の方々に、彼がこのようなコンサートの形で演奏してくれる機会がもうけられて、もっと日本の方々に彼の音楽の良さを少しでもご理解いただければ、友人として、とてもうれしく思います。

ホリスティック医学研究所 所長
「人のからだはなぜ治る-ホリスティックメディスンの知恵」他、著者
「祈る心はなおる力」by ラリー・ドッシー、翻訳者
大塚 晃志郎
http://otsukako.livedoor.biz/

>メッセージ5はこちら
| Profile | CD | Message | ReportDANIEL's BLOG | STAFF BLOG | メルマガ | お問い合わせ | 癒しの音楽CDの購入はこちら |
Copyright © 2012 OneWorld . All Rights Reserved.
OneWorld website内の無断転用を禁止します

Japanese / English