Message

ダニエルコビアルカの素晴らしい演奏は熱狂と愛に満ち、
いまだ新しくフレッシュな才能を聴衆にもたらしてくれる。

小澤征爾(指揮者)

コビアルカは類まれない強さと
献身の気持ちを備えた音楽家であり、
天性のリーダー、そしてソロイストだ。

レナード・バーンスタイン(指揮者)


コビアルカのフレージングと
イントネーションの特別なあたたかさと精妙さは、
成熟したひとつの技量の証だ。

アーサー・フィードラー(前ボストンポップスオーケストラ指揮者)

ダニエルコビアルカは、バイオリニスト、作曲家、レコーディングスターであり、
まれに見る創造的な魂だ。彼は人生に過去、現在、未来の音楽をもたらし、
音楽を創る本当の喜びを伝えてくれる。

マイケル・ティルソン・トーマス
(指揮者、ピアニスト、作曲家、現在「サンフランシスコ交響楽団の音楽ディレクター」)


コビアルカ氏のアメリカ現代音楽の演奏は奇跡に近い。
そして、伝統的文学への献身は、フレージングのとてつもない精妙さとあたたかさ、イントネーションの稀なる安定、そしてトーンの美しい清らかさに示されている。
器楽家の中でもまれに見る音楽家だ。

ロバート・ショー(指揮者)

コビアルカは楽器(バイオリン)に天賦の才を備えた、
繊細で聡明なパフォーマーだ。

アーロン・コプラン(作曲家、ピアニスト)




ダニエルコビアルカの世界レベルの巨匠的バイオリン演奏は、
常に20世紀の新しく先駆的な音楽に仕えてきた。
作曲家である彼は、その多くの素晴らしい演奏とレコーディングを通して、
各地で創造的な作曲家たちの友人であり、またスポンサーでもある。

ヘンリー・ブラント(作曲家)


癒しの音楽としてのヒーリングミュージックの第一人者として、全世界から賞賛を受けてきたダニエル・コビアルカ氏が、
このたび日本で公演するにあたり当機関は、音楽療法学会の国際組織として後援をさせていただきます。
今日ミュージックセラピーは、精神科、予防医学の分野で多くの病院や機関と共に研究を重ね、医療の中で確固たる位置を築きつつあります。
アメリカの音楽療法界で権威的な地位を確立しているコビアルカ氏は、このたびの来日を通じて、日本の音楽療法の分野にも
大きなメッセージを残してくれることでしょう。

国際音楽療法学会 理事長
テオドール・カニッツァー博士

|Profile|Concert|Daniel Kobialka'sMySpace|Message|ご協賛のご案内|チケット販売・その他お問い合わせ | 癒しの音楽CDの購入はこちら |
Copyright © 2010 OneWorld . All Rights Reserved.
OneWorld website内の無断転用を禁止します